会社案内

ごあいさつ

私たちはパークゴルフを通じて、 人との交流を深めながら、共に向上することを目指しています。

代表取締役社長 黒田 圭司

(株)PGN(Park Golf Net-Work)は、平成19年11月19日、北海道小樽市に設立しました。社名のPGはパークゴルフを表すと同時に、Pはパーク(公園)、Gはゴルフ(スポーツ)、Nはネットワーク(交流)を意味しています。

弊社が掲げるネットワークとは、  パークゴルフ事業  高機能有機肥料の生産販売事業  米の生産販売事業    この3事業を結びつけること。

私たちは、「北海道が抱える家畜糞尿処理問題を少しでも解決したい」という思いから、家畜糞尿を、高品質で高機能な有機肥料に変貌させるため、日東化工サービス(株)と玉川大学農学部 元教授 大友俊允 博士 が共同開発した有効微生物(ペインヒューミック)の購入契約を交わし、弊社工場で「有機ファイト」の生産を開始しました。
この「有機ファイト」の良さを多くの方に伝えたいと、北海道有数の米どころである北竜町の北清農家と使用契約を交わし、米の生産を依頼。弊社ブランド品「ほがらか米」として販売しています。もちろん、弊社が経営するパークゴルフ場の芝生管理にも「有機ファイト」を使用し、安心してプレーできるスポーツ空間を提供しています。
産業廃棄物である家畜糞尿から有機肥料を生産販売し、さらに作物及び芝生管理にも活用。これら一貫した事業を展開すること、それが弊社のネットワーク事業です。
私たちは、このネットワーク事業を通じて、地元の方々に信頼される企業を目指し、より一層向上していきますことをお約束いたします。

会社概要

会社名 株式会社PGN パークゴルフネットワーク
設立 平成19年11月19日
代表者 黒田 圭司
本社所在地 北海道小樽市朝里川温泉1丁目 86番地8
札幌連絡事務所 札幌連絡事務所 北海道札幌市厚別区厚別中央3条2丁目13番42号
事業内容 パークゴルフ事業
有機肥料の製造販売及び有機作物の販売
循環型社会を目指す環境関連事業
資本金 5,000万円

株式会社PGNのネットワーク事業図

株式会社PGNは、小樽グリーンパーク パークゴルフ場事業を展開するため、三菱地所株式会社と業務提携を結んでいます。人が集まる高ロケーションでの営業は、お客様への利便性やサービス向上につながり、各社・財団法人の相互関係にも好影響を与えます。

株式会社PGNのネットワーク事業図