コースレイアウト

コースは、小樽市の名物にちなんで名づけています。

名物コース

水すだれ(Bコース)5番から9番までは、打ち下ろし、打ち上げ、大きなアンジュレーション、小川越えもある難易度の高いコースが連続します。
さらに、高速グリーンが待ち受ける征服感を味わえるコースです。

全45ホールの紹介 2428m パー165

運河(Aコース)

いわずと知れた小樽市の名勝。コース側の小川は、運河のイメージ。ボールを落とさないよう方向と強さが大切。

ホール PAR 距離
1 3 36m
2 3 32m
3 4 53m
4 3 45m
5 3 36m
6 5 93m
7 4 67m
8 4 70m
9 4 68m
    500m

 

水すだれ(Bコース)

大正3年に創設された小樽奥沢水源池から命名。
打ち下ろし、打ち上げ、大きなアンジュレーション小川越えもある。難易度の高いコースが連続します。さらに、グリーンは高速。
各自の戦略が試されるコースです。

ホール PAR 距離
1 3 30m
2 4 58m
3 4 62m
4 4 80m
5 4 57m
6 3 42m
7 3 50m
8 4 58m
9 4 63m
    500m

アオバト(Cコース)

高低差が25mあり、1番から5番まで打上げホール、6番から9番までが打下しホールです。スタートホールの1番は、100mの打上げで超難易度のロングホールです。

ホール PAR 距離
1 5 100m
2 4 50m
3 3 40m
4 3 30m
5 4 53m
6 4 68m
7 3 32m
8 3 38m
9 4 52m
    463m

シラカバ(Dコース)

小樽市の木。樹齢65年以上の白樺を中心とした広葉樹自生。特にコース内の大木が行く手を阻む。

ホール PAR 距離
1 3 45m
2 4 73m
3 4 48m
4 4 60m
5 3 36m
6 3 40m
7 4 55m
8 5 100m
9 3 35m
    492m

ツツジ(Eコース)

コース間隔は15Mを確保し、安全を第一に設計し、広く平坦なコースです。

ホール PAR 距離
1 3 48m
2 5 94m
3 3 33m
4 4 50m
5 3 30m
6 3 35m
7 4 60m
8 4 63m
9 4 60m
    473m